さまざまな分野で使用される熱交換器

  • 省エネに役立つヒートポンプ技術

    • ヒートポンプは家庭の家電から大規模施設まで利用されている省エネ技術です。

      少ないエネルギーで空気中などの自然から熱を集め、大きな熱エネルギーを生み出すことができます。
      ヒートポンプは消費したエネルギー以上のエネルギーを得られる技術なので、限りのあるエネルギーを有効に使えるのがメリットです。

      ヒートポンプ情報選びをサポートします。

      CO2排出量も従来のエネルギー使用と比べて大きく削減でき、地球の環境を守ることにもつながります。
      ヒートポンプはエアコンや給湯器をはじめ、冷蔵庫や冷凍庫、洗濯機の乾燥機能など非常に多くの家電に利用されています。
      特別な場所でのみ使用されている技術ではなく、生活に役立つ身近な技術です。

      エネルギー効率の良さから、オフィスビルや病院、ホテルなどの空調設備や給湯でも活用されています。


      今後はさらに普及の拡大が期待されていて、工場や農場でも使用される可能性があります。


      ヒートポンプの技術は、空気中に存在する熱を集め、その熱を冷媒に乗せて移動させる仕組みです。空気中には必ず熱が存在するため、部屋を暖める時は室内に移動させ、室内を冷やす時には室内の熱を外に逃がすことで温度を変化させます。



      エアコンの場合は、室外機を使って外気の熱を集めて暖かい空気を室内に送り、冷やす時は室内の熱を集めて室外機から外へ放出し、熱を失った空気を再び室内に送ることで冷たい空気が室内を巡ります。



      ヒートポンプが搭載されてい家電は消費エネルギーが少ないの、電気代の節約に役立つのが特徴です。